読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるせつ

切り詰めているわけではないけれど損はしたくない、ゆるっと節約。面倒くさがりが取り組んだお小遣い稼ぎや資産運用の情報を綴ります。

節約=お金を使わない、だけじゃない

f:id:loooose_life:20161128131025p:plain

節約=お金を使わないだと思っていませんか?

そんなことないんです。

生きるためにお金を消費するのは仕方のないこと。使わないように我慢するのって辛いですよね。

そんな辛い節約ではなく、お金を使うときに一工夫する楽しい節約についてご紹介します。

使い方を工夫しよう

これ欲しい!買っちゃおうかな!?

お店で、ネットで何気なく目に入ったものがほしくなることってありますよね。

そんな時は買う前にもっと安くで買える方法がないか調べましょう。

 

もっと安いお店がないか調べる

まず思いつくのが同じ商品がもっと安くで売っていないか調べること。

今は価格比較サイトもありますし、買う前に調べる癖をつけましょう。

価格.comならキャッシュバックキャンペーンもあるので上手に使うとお得です。

kakaku.com

 ※たまに除外されているページもあるので楽天amazonは個別で調べることをお勧めします。

 

ポイントサイトを経由する

よく利用しているのがポイントサイトを経由して買い物をすること。

私が使っているのはお財布.com

osaifu.com

それぞれポイント還元率が決まっていて、お買い物金額に応じてポイントがもらえ、TポイントやICカードのポイントに交換ができとっても便利。

買い物だけでなく、クレジットカードを作る時も大きなポイントがもらえてお得です。

 

クレジットカードの優待サイトを利用する

amazonから購入するとき、何かお得に買えないかと試行錯誤した結果、クレジットカードの優待サイトから購入するという方法を見つけました。

我が家ではJCBカードをメインで使用しているため、Oki Dokiランドを経由しJCBカードで購入しています。還元率は3.5%。家電だって買っちゃいます。

ちなみに、カードを作成するなら価格.com経由で作成すると数千円分のポイントがもらえます。

osaifu.com

クレジットカードを作っただけで数千円分のポイントが貰えるって知らなかったら損です。

 

リサーチとトータルバランス

情報社会の現代では、リサーチが必須です。

何か買うときは口コミを調べ、価格を調べ、一番お得な時期に購入します。

ここでいうお得な形とは、トータルで一番お得な方法を選択すること。

ポイント還元まで含めてお得になるからと言って、買ったところでしか使えないポイントなんて使うあてがない限り、無駄遣いの種です。

トータルで自分にとってそれが一番お得な購入なのかを考えて買いましょう。

 

慣れたらサイトごとに使い分ける

同じ食品・日用品でも楽天市場で購入するならお財布ドットコム、amazonならクレジットカードの優待サイトから購入など、ネットショップでの購入でも使い分けています。

 

 

 

これらのことをやっていれば、普通に買うより断然お得に消費活動ができます。

我が家のネット契約は価格.comから5万円キャッシュバックで申し込みましたし、ネット購入のときは必ず何らかのサイトを通します。

 

実際、私は食品・日用品は西友ドットコムでまとめ買いすることが多いのですが

ウォルマートカード3%還元+お財布ドットコム1%還元+西友ドットコムポイント1%還元の計5%お得に買い物をしています。

我が家の食費は月45,000円なので年間5,000円のうちの1,000円はサイトを経由したことによる利益です。

他にも得する部分があるのでネットスーパー推しなのです……この素晴らしさ、伝えたい。

西友ドットコムにご興味がある方はこちらの記事もご参考にどうぞ。

loooose-life.hatenablog.com

 

前は買い物したレシートをピッと読み込みデータを入れて送信すればポイントが貯まるサイトを利用していたのですが、お気に入りのやつはなくなってしまったのでご紹介できず残念です。それで千円くらいはamazonのクーポンをゲットしました。相棒に知らぬ間に使われていました。無念。

皆さんも楽しいお買い物ライフを。

 

 

 

元々節約志向でなかった私は、家電を衝動買いしたり、お金が入るとついつい着ない服まで買っちゃって結局一度も袖を通すことなく捨てたり、そんなことが日常茶飯事で結婚するまで意識して貯金することはありませんでした。

よく言われるのが「しばらく考えてみてそれでもほしくなったら買う」という先延ばし主義ですが、私にとって説得力がなく、どうせ買うならいつ買っても使うお金はいっしょだと思ってました。

なので「買うのはいいけど一番安い方法で最善を尽くして買う」ことは目からうろこで、もともと買い物という行為が好きだったのでこのタイプの節約はとても自分に合っているなと日々思っています。

ひと手間くわえて料理がおいしくなるように、ひと手間くわえて節約が楽しくなるといいですね。