読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるせつ

切り詰めているわけではないけれど損はしたくない、ゆるっと節約。面倒くさがりが取り組んだお小遣い稼ぎや資産運用の情報を綴ります。

西友ドットコム(ネットスーパー)で節約する

多忙な現代人の味方、ネットスーパー。

重いものを持たずとも、売り場をあちこち探し回らなくとも、自宅でささっと注文して数時間後には玄関で受け取れる有難いシステムです。

でも、ネットだとお高いんでしょう?

と思われがちですが、上手に使えば店舗で買うよりもお安く済むし、何より便利。

まずは、ネットスーパーのメリット・デメリットをご紹介します。

 

f:id:loooose_life:20160318100801p:plain

 

メリット

どれだけ買っても重たくない

 玄関前まで持ってきてくれるので楽ちんです。

朝に買えば夕方には届く

 前日の夜や朝に注文しておけば、夕飯の準備までに受け取ることが可能です。

スピーディーに購入できる

 よく買う商品ってありますよね。ネットスーパーの場合は、過去に購入した商品はページトップに表示されますし、お気に入り登録もできます。

 検索はもちろん、買い物メモ機能を使用すれば入力した複数のキーワードで一括検索が可能です。あとは気に入った商品をカートに入れるだけ。店舗で探すより断然スピーディーに買い物ができます。

袋代がかからない

 店舗だと一枚2・3円の袋がもらい放題。さらに、これまでビニール袋に入れるの!?ってものまでレジ横の小さなビニールに入れてくれます。

ポイントが貯まる

 店舗だと何の特典もつきません。しかし、ネット注文だとポイントが付き、購入費に充てられます。カードが増えてかさばるなんてことも、持ってくるのを忘れるなんてこともありません。

 

デメリット

対象地域が限られる

 大前提として近くに西友の店舗がない場合、対象外エリアなのでご注意ください。

ウォルマートカード5%の日もネットでは3%

 ウォルマートカードの目玉特典でもある、西友でのお買い物5%オフ。残念ながら、ネットでは5%の日でも3%の割引です。

商品バリエーションが店舗に劣る

 店舗では多くの商品を取り扱っていますが、ネットだと一部の商品は取り扱っていません。品薄商品が売り切れとなっている場合が多いです。

納品の間違いのリスクがある

 これまでの統計から見ると、5回に1度ほど国産の豚ロース肉がアメリカ産だったことがあります。逆に注文していない商品が多く入っていたこともありました。

 ↑2016/11/25このブログを書いてから上記のミスがぱったりとなくなりました。西友の方がご覧になったのでしょうか……ご対応ありがとうございます。

 納品書に産地が書いていないものは間違えやすいようなので、商品受け取り後に一通り入っているものに誤りがないか確認したほうが良いです。ちなみに、差異があった場合はサポートセンター(フリーダイヤル)に電話をすると、間違えている分は交換または交換なしの料金変更、多かった分は無料でいただけました。

生鮮食品の鮮度が確認できない

 野菜やお肉・お魚等の生鮮食品を手に取って選ぶことはできません。しかし、これまで注文してきた中で鮮度が激しく劣っていたこともなく、いざというときには”生鮮食品満足保証プログラム”があるので電話をすれば返金してもらえます。

 

 

これらのデメリットを踏まえて、ネットスーパーをお得に利用するポイントをご説明します。

 

購入前の下調べ

一度最寄り店舗を視察するのは、大前提!

商品数が多いため、店舗のほうがお得な場合もあります。

一番近い店舗の各売り場、よく購入する商品をさっと見て回りましょう。

その時のポイントは、生鮮食品の売り場。野菜売り場であれば地産地消コーナーの有無をチェック。

 

ネット購入時のポイント

1)まとめ買いで配送料を無料に

 ネットスーパー最大のネックである送料

 これを無料にするには、配送センター便のみなら1980円以上で無料、ネットスーパー便は店舗により異なる場合があるようですが、概ね5000円以上送料無料となります。

 そもそも、配送センター便とネットスーパー便って何!?と思われた方のために説明します。

 

 【ネットスーパー便】

  西友で買える定番商品を取り扱っている。冷凍・冷蔵物も含みます。

  10~12時(前日0時)・12~14時(前日0時)、14~16時(9時)、16~18時(11時)、18~20時(13時)、20~22時(15時)の一日6便。※()内は注文締め切り時間です。

  最短5時間でお届けに来てくれますが、指定時間には必ず在宅していなければなりません。

 

 【配送センター便】

  運送会社による常温配送のため、日用品・衣類等の常温商品を多く取り扱っています。

  生鮮食品を取り扱わない分、商品の種類が多く、アウトレットもあります

  ただし、ネットスーパー便と異なり宅配業者による配送なので、配送に日数がかかります。

 

 生鮮食品があるのはネットスーパー便ですが、二人家族でも5000円買うのはなかなか難しい……と思われるでしょう。

 お肉を冷凍すること前提で一週間分の食品を購入したり、配送センター便を合わせて利用すれば5000円なんてすぐです。

 ↑送料無料の基準が改定されネットスーパー便だけで5000円以上購入しないといけなくなりました!!この改悪は本当に残念です。

 不要なものを購入してしまわないように、心の中で財布の紐を締めながら送料無料を目指しましょう。

2)お肉をお安く ネットスーパー便

 お肉は店舗だと1g単位で価格が設定されています。容量に応じて、1gまで余すことなくお金を払わなくてはなりません。

 しかし、ネットだと規定量のお値段なのです!!

  例)若鳥もも肉500gの場合:100gあたり97円の価格設定で484円(税抜き)ですが、実際に届く商品はピッタリ500gなわけではありません。もも肉二枚分なため、500g以上入っているのです。

 

 これまで注文したありとあらゆる肉が毎回規定量以上入っており、少なかったことはありませんでした。なので、お肉はネットで買ったほうが断然お得です。さらに言えば、1パックあたりの容量が多いほうがよりお得でした。

 また、お肉の値段は変動するので、お家にいながらお安い時を狙って購入できます。

 

3)お野菜で損をしないために ネットスーパー便

 お野菜に関しては、最寄り店舗に地産地消コーナーがある場合、流通コストがかかっていないためそちらのほうが大抵安い。しかし、地産地消商品は入荷数が不安定なためネットには掲載されていません

 損をしない購入方法としては、旬の野菜はなるべく店舗で購入し、定番商品をネットで購入するのが賢明です。

 

4)ミネラルウォーターをお安く買う

 都心に住んでいると水道水に含まれるカルキの味が強く、とてもじゃないけど飲めないことがあります。飲料水を買うとなると毎日のように重たいお水を買わなくてはなりません。そんな時、ネットスーパーを利用すれば玄関先まで持ってきてくれるので楽です。

 以前は配送センター便を利用すれば、1本あたり70円程度のお水が2ケースまとめて購入できましたが、現在は重量手数料300円かかります。悲しい。

  しかし!!

 ネットスーパー便ならネットスーパー便で1ケース購入する分には手数料不要なのです!

 2Lを6本も持ってきてくださる西友の配送担当の方には申し訳ないですが、水は命の糧。感謝の気持ちを忘れず、こまめに購入しましょう。

 

5)洗剤をお安く買う 配送センター便

 洗剤は店舗で通常容量の詰め替え用を購入するよりも、配送センター便で大容量商品を購入したほうがお得。

 例えば、洗濯用洗剤のアタックNeoは

  通常詰め替え用(360ml)が425円

  超特大サイズ詰め替え用(1300ml)が888円

 で通常詰め替え用を買うよりも646円程度お得です。

 近隣のドラッグストアがお安くない場合は、こちらで買ったほうが断然お得です。

 

 

いかがでしょうか。

意外と面倒くさそうに見えて、メリットも盛りだくさんですよね。

興味がある方は、今日からネットスーパーでお買い物を始めてみませんか。

 

さらにお得に西友ネットスーパーをはじめたい方は

 下記リンクからの登録でネットスーパー便で使用できる500円クーポンもらえます。 

www.the-seiyu.com

※すでにユーザー登録済みの方は対象外です。ごめんなさい。

 

 

 

 

2016/7/25追記 

送料の規定が改悪され、ネットスーパー便のみで規定料金以上購入しないと送料がかかるようになりました。